ニュース

『マイ・エイジング ワークショップ ~歳を重ねるとどうなるの?~』開催

2011-12-21 17:23

1月21日(土)と22日(日)の両日、ワークショップ 『マイ・エイジング ワークショップ ~歳を重ねるとどうなるの?~』を開催いたします。

 "不老長寿"は古代から"人類の究極の夢"だといわれています。なぜなら、私たち生き物には寿命があるからです。「体が老化するから寿命がある」ことは当たり前だと思われていますが、ではなぜ老化は起こるのでしょうか?
当ワークショップでは、身体測定や健康管理のためにご家庭でも身近にできる体温・血圧・体脂肪測定などを行い、それぞれの数値の意味や子供と大人の違いなどを学びます。そして、簡単な器具を自分でつくって行う「お年寄りになってみよう」という実体験を通して老化のメカニズムに迫り、若さを維持するために大切なことを考えます。

講師には、現在開催中の企画展「My Ageing ~歳を重ねることによる変化と今の自分を知る科学~」でご紹介中の、ゲームで体のしくみが学べるコンテンツなどの監修者である、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所のリサーチャーで医学博士の白石哲也氏をお迎えし、企画展をより楽しめる解説も行っていただきます。


開催日時 2012年1月21日(土)・22日(日)
各日14:00~16:00
対象 小学1年生~小学6年生の児童と保護者 2人1組
定員 各日24組(計48名)
参加料 無料(別途入場料が必要です)
応募締め切り 2012年1月11日(水)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに1月16日(月)までに参加証をご郵送いたします。

募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


My Ageing ~歳を重ねることによる変化と今の自分を知る科学~

2011-12-08 17:21

12 月3 日(土)~3 月上旬(予定)まで、新企画展「My Ageing~歳を重ねることによる変化と今の自分を知る科学~」を開催しています。
私たちは歳を重ねるにしたがって、様々な体の変化を経験します。それは年齢や変化の様子により、「成長」や「老化」といったとらえかたをされますが、生物学的には「加齢(歳を重ねる)」ことによって細胞組織が循環を繰り返す、「変化」と考えることができます。そして、その変化は一秒一秒、私たちのからだの中でおこっています。
今回の企画展では、自分の体を知ることをテーマとし、私たちが普段は気がつきにくい、体の変化を見逃さないための技術や研究をご紹介します。
そして、顔年齢・反射神経・注意(集中)力など数種類の「自分探検チェック」を体験して「今の自分(My Ageing)」を知り、これからの「変化」に興味や関心を持つことで、新しい自分の発見につながるかもしれません。

タイトル 『My Ageing ~歳を重ねることによる変化と今の自分を知る科学~』
実施期間 2011年12月3日(土)~ 2012年3月上旬(予定)

12月3日(土)から企画展
「My Ageing ~歳を重ねることによる変化と今の自分を知る科学~ 」開催予定!

2011-12-01 10:45

12月3日(土)より新企画展『My Ageing ~歳を重ねることによる変化と今の自分を知る科学~』を開催予定です。

今回の企画展では、自分の体を知ることをテーマとし、私たちが普段は気がつきにくい、体の変化を見逃さないための技術や研究をご紹介します。
顔年齢・反射神経・注意力など数種類の「自分探検チェック」を体験できます。

お楽しみに!

企画展は終了しました。


アニメーション・ワークショップ
~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~

2011-10-26 11:40

11月19日(土)と20日(日)の両日、小学3~5年生を対象に、『アニメーション・ワークショップ~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~』 を開催いたします。
「リサイクル・資源」をテーマに、チームに分かれてクレイアニメーション※1を制作する体験を通して、環境問題の現状と対策を知り、ソニー製品に応用されている最新の映像技術を体験できるワークショップとなっています。
講師には、東京造形大学・デザイン学科の山際康之教授をお招きし、東京造形大学の学生スタッフの協力により実施いたします。

※1 粘土(クレイ)で作った人形などを少しずつ動かし、それをコマ撮りして制作するアニメーション。

期間 2011年11月19日(土)、20日(日)
13:00~17:00
対象 小学3~5年生の児童
定員 各日30名
参加料 無料 (別途入場料が必要です)
応募締切 2011年11月9日(水)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに11月14日(月)までに参加証をご郵送いたします。

募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


『第21 回分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~』

2011-09-07 09:59

デジタルビデオカメラ"ハンディカム"やパーソナルコンピューター"VAIO"など市販のソニー製品を分解しながら、そのしくみなどを学ぶ大人気ワークショップ 『第21回分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~』を開催いたします。機器のしくみや工具の使い方を学ぶとともに、親子で協力して体験する機会を提供し、また製品開発に携わったソニーの現役エンジニアとも交流することができます。

期間 2011年10月2日(日)13:00~17:00
対象 小学3年生~中学3年生の児童とその保護者
定員 24組48名
※必ず保護者1名、児童1名の2名1組でお申し込みください。
参加料 無料(別途入場料が必要です)
応募締切 2011年9月21日(水)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに9月26日(月)までに参加証をご郵送いたします。

募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


Safety Eyes~くらしを守る科学の目~

2011-08-05 17:27

私たちは、日々のくらしの中で学習により、知っているもの(普段どおり) と知らないもの(異常な行動や危険なもの) を視覚や聴覚を利用し、判断し、安全であるかどうかの判断をしています。
今回の企画展では、くらしの安全を守る映像や音声の認識の技術を紹介します。

期間:2011年8月6日(土)~

企画展は終了しました。


つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ

2011-07-20 10:00

「リチウムイオン二次電池」の先駆者でもあるソニーは、電機メーカーとしてこれまで、電気エネルギーに対する様々な取り組みを行ってきました。
東日本大震災以降の電力不足で、例年以上に注目を集める電気エネルギー。節電傾向が高まる夏に改めて、電気について考えてほしいと「発電・蓄電」をテーマに選びました。
ワークショップでは、子どもたちが自らの手で発電と蓄電を体験できる「振動型発電機」を組み立てながら、電気エネルギーの原理、未来につながる供給方法などについて学びます。
この学習を通じ、子どもたちが「電気エネルギー」を改めて考える機会となれば幸いです。


期間 2011年8月19日(金)、20日(土)
13:00~15:00
※事前の説明等がございますので、12:30に受付へお越しください。
対象 小学4~6年生の児童と保護者
定員 各日24組 48名
参加料 無料 (別途入場料が必要です)
応募締切 2011年7月31日(日)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに8月上旬に参加証をご郵送いたします。

募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


アニメーション・ワークショップ
~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~

2011-06-30 15:41

7月29日(金)と30日(土)の両日、小学3~5年生を対象に、『アニメーション・ワークショップ~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~』を開催いたします。「リサイクル・資源」をテーマにチームに分かれてクレイアニメーション(※)を制作する過程で環境問題の現状と対策を知り、ソニー製品に応用されている最新の映像技術を体験できるワークショップとなっています。
講師には、東京造形大学・デザイン学科の山際康之教授をお招きし、東京造形大学の学生スタッフの協力により実施いたします。
※粘土(クレイ)で作った人形などを少しずつ動かし、それをコマ撮りして制作するアニメーション。

期間 2011年7月29日(金)、30日(土)
13:00~17:00
対象 小学3~5年生の児童
定員 各日30名
参加料 無料 (別途入場料が必要です)
応募締切 2011年7月19日(火)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに7月22日(金)までに参加証をご郵送いたします。

ワークショップは終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


第20 回分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~

2011-05-31 12:05

"ハンディカム"や"VAIO"など市販のソニー製品を分解しながら、そのしくみなどを学ぶ大人気ワークショップ『第20 回分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~』 を開催いたします。
2005 年より実施している『分解ワークショップ』も今回が20 回目の開催となります。20 回目の開催を記念して、今まで参加された皆様からの「中学生も参加したい」、「家で使っていた、愛着のあるソニー製品を分解してみたい」というご要望を反映し、対象年齢を広げ、かつ愛用していたソニー製品を持参していただく特別企画にて実施いたします。
愛用していた様々なソニー製品を自分の手で分解することで、機器のしくみや工具の使い方を学ぶとともに、親子で協力して体験する機会を提供し、また製品開発に携わったソニーの現役エンジニアとも交流することができます。


期間 2011年6月25日(土)、26日(日)
13:00~17:00
対象 小学3年生~中学3年生の児童と
その保護者
定員 各日24組48名
※必ず保護者1名、児童1名の2名1組でお申し込みください。
参加料 無料(別途入場料が必要です)
応募締切 2011年6月16日(木)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに6月21日(火)までに参加証をご郵送いたします。

ワークショップは終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


AR×Biodiversity~AR技術で生物多様性を学ぼう!~

2011-04-28 17:25

生物多様性とは生き物の「個性」と「つながり」です。地球上の生きものは、様々な環境に適応して進化し、3,000万種ともいわれる多様な生きものが生まれました。昨今私たち人間の活動によって、こうした生物の多様性とそれらの営みが生み出す環境のバランスにほころびが生じています。
今回の企画展では、絶滅危機にある貴重な生物や過去に絶滅した生物をAR技術でみることが可能です。そのほかAR技術を利用して自分のムービーを里山に合成して楽しむ「里山ARたんけん」など素敵な展示が満載。

※AR(拡張現実感):コンピュータ等を用いて現実の情景に情報を付加していく技術。

2011年4月29日(金・祝)~7月18日(月・祝)

企画展は終了しました。


『サイエンスバトラー』1周年記念イベントをライブ配信!

2011-04-27 09:34

ゴールデンウィークの初日となる4月29日(金)、実験ショー『サイエンスバトラー』の開催1周年を記念したイベントを開催。開催後初となる10キャラクターが全員登場し、1年間の対戦(開催)成績の結果から、勝率の高かったキャラクターの実験を一挙にご紹介する表彰式を実施予定。なおこの実験ショーの様子はUstreamを利用してライブ配信も行われます。


分解ワークショップ

2011-03-01 11:30

開催20回記念特別企画「愛用していたソニー製品を持って集まろう!!」
恒例の人気のワークショップ、ソニーのエンジニアによる"分解ワークショップ"を開催します。ふだん何気なく使っているテレビやパソコンなどの電気製品を、自分の手で分解して部品にもどすことで、外側からではわからない機器の仕組みや工具の使い方を学び、モノに対する理解と愛着を深めてもらうためのワークショップです。製品をつくったソニーのエンジニアが、皆さんをお手伝いしてくれます。
必ず親子(保護者可)2人1組でお申し込みください。


期間 2011年3月26日(土)・27日(日)
13:00~17:00
対象 小学3年生~中学3年生の児童とその保護者
定員 各日24組48名
参加料 無料(別途入場料が必要です)
応募締め切り 2011年3月17日(木)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに3月22日までに参加証をご郵送いたします。

3月11日(金)の地震の影響により中止とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。


お台場の科学館や博物館でスタンプラリーを実施中!

2011-02-28 14:06

毎年恒例の「お台場ミュージアムスタンプラリー2011」を、3月1日(火)~31日(木)まで開催しています。

イベントは終了しました。


企画展「Let's search for OS」の動画を公開!

2011-02-09 12:11

企画展「Let's search for OS」の動画を公開しました。どんなものが体験できるか一目でわかります!


Let's search for OS
身近だけど見えないデジタル技術の働き者をさがそう!

2011-01-21 17:52

パソコン、携帯電話、デジタルカメラにデジタルオーディオプレーヤー・・・。
あなたがおもむろに押した電源スイッチによって、目覚めはじめるさまざまなデジタル機器。私たちの身の回りで、便利に役立つデジタル機器には、全て小さなコンピュータが組み込まれ、それぞれの機器をより便利にするために働いています。このコンピュータを、基本ソフトと呼ばれるOSが動かしています。では、OSは、実際にどのような働きをしているのでしょう?

今回の企画展では、ブラックボックス化するデジタル機器のOSに光をあて、その働きを可視化することで、最新技術を解き明かす「科学の目」を養います。
「見えないし、何が起きているのかわからない」といった理科離れしやすい心を、「なるほど!」と思える心へと変化してもらえるように、デジタル機器の中で大活躍するOSの世界にご案内します。

2011年1月22日(土)より開催

企画展は終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。


アニメーションワークショップ
~環境問題を考えながら、映像のしくみを体験しよう~

2011-01-21 17:30

地球温暖化をテーマにストーリーを構成し、オリジナルのクレイアニメーションを制作します。環境問題の現状と対策を知ると同時に、映像制作のしくみを学びます。また、ソニー製品に応用されている最新映像技術を体験することもできます。

講師:東京造形大学 山際康之 教授

日時 2月19日(土)13:00~17:00
2月20日(日)13:00~17:00
対象 小学3年生~5年生
定員 各日30名
申込方法 webより事前申込1月24日(月)より
※ 応募締切 2月9日(水)。厳正なる抽選の上、当選者にのみ2月15日(火)までに参加証を郵送いたします。参加証の発送をもって発表にかえさせていただきます。
参加料 無料
※別途入場料(小人300円)が必要です。

ご参加ありがとうございました


年に一度!全10キャラクターが登場するスペシャルイベント
3/19(日)『科学実験ショー サイエンスバトラー7周年フェスティバル』を開催

ニュース・イベント バックナンバー